忍者ブログ
EB
| Home | About | Days | Plot | Memo | Baton | Atelier | Daten | PL | Other |
[323]  [333]  [322]  [318]  [317]  [316]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見上げた空が、今にも泣きだしそうだったから。




ガルさんと、紫陽花路へ散歩に行ってきました。
小雨の時は、傘をささずに散歩をするのが好きだったりするのですが、庭で其れをすると怒られてしまうのです。
ガルさんは私が傘をささずとも怒りはしないし、悪戯を誘えば、きっと乗ってくださるから。
彼の隣は、優しい雨の様に、心地好い。



雨は、好き。
ぽつりぽつりと葉を叩く音も。優しく花弁に落ちる音も。
葉から地へと落ちる、微かな水音も。
傘を差して、傘を叩く音も。
そして、雨の匂いも。
雨の上がった後の花園が、花の香が強くなるのも、好き。

月光の名を持つ彼。
こんな雨の日は、空から零れ落ちた月光が雲に阻まれ空に帰れなくなった様。
地に残された、天に帰れなくなった、月光。
そのひと時を、今だけは私が有していると思うのは、気分が佳い。
彼は天女の様に、するりと腕を通り抜けて天へと帰ってしまうのが、きっと得意だから。

土の質によって色が変わる花は、私の様でも彼の様でもあります。
クラウゼヴィッツとしての私。社交界の私。そして、エンドブレイカーの私。
どれも同じ、私と言う個。
二つ名がある様に、彼にも違う姿が多くあるのでしょう。
艶やかさを纏う彼。纏わぬ彼。ホストの彼。まだ見たことのない、彼。
我々もまた、この花の様に場所によって色を変えるのです。

色の違う花弁を指先で擽りながら、辿って。
こそりと伺い見た金色は、雨に花へと映ろって。

紫陽花の花言葉の様に移ろっているのは、彼か、私か。










――



「わたしのいろを、みつけました」





















そして風邪をひくまでがワンセット。
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/25 鳥花]
[04/18 とりさん]
[04/17 とりさん]
[04/17 とりさん]
[10/28 アルトゥール]
最新記事
最古記事
プロフィール
HN:
アルトゥール
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Attention
このブログは、TW3『エンドブレイカー!』に登録しているPC『アルトゥール・クラウゼヴィッツ(c01240)』と、そのPLの雑記です。
興味の無い方や、各単語の意味がわからない方は「戻る」ボタンを秒速0.5秒で連打するのが宜しいかと。

このブログに使用されている画像の著作権は全て、アルトゥールPLに属します。
著作権は放棄しておりませんので、ブログ内における画像、文章の無断転写・転載・複製はご遠慮下さい。


■Linkについて■
関係者に限りLinkFreeです。
見つけると覗きにいったり、小躍りするかもしれません。
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]
PR